KAMASI 挨拶
   
 
   
               
                   
                     
 


  鎌倉市民の皆様へ
 
 平成23年7月より、会長に就任いたしました島田博と申します。どうかよろしくお願いいたします。
 鎌倉市歯科医師会は、平成21年4月に新法人化に移行登記され一般社団法人鎌倉市歯科医師会として認可され現在に至っています。
 地域社会の事業としましては、幼児歯科健康診査(1.5歳児、2歳児、3歳児)、障がい者施設訪問歯科検診(市内10数か所に訪問し、歯科検診および口腔衛生指導を行っている)、また毎年6月イトーヨーカドーで、市民にとりまして歯と口腔に関する正しい知識、ご自身の口腔状態、早期発見、早期治療、予防等を市民の健康保持の促進になるように、むし歯予防Day無料歯科相談会を行っています。
 鎌倉市では、歯周疾患(歯科)検診を、40・50・60・70歳の中高齢者に加え、20・24・28・32.36歳と4年毎に受診が可能となっております。
 神奈川県の市町村で行われています成人歯周病検診において受診率は向上しておらず、鎌倉市においても同様です。歯周病を引き起こすのは歯周病菌であり、歯周病菌が血液を通じて全身を巡り、脳梗塞、動脈硬化を引き起こし全身疾患になる可能性が科学的に解明されてきました。歯周病とは歯の周囲組織の崩壊であり、歯の喪失により口腔機能の低下につながり、脳に刺激がいかなくなり認知症の原因の1つになります。
 歯周疾患検診は、本会会員の診療所で行っています。
 早期発見、早期治療を行うことで市民の皆様が健康で充実した社会生活をおくることが出来ると確信しております。
 常に医道の高揚、歯科医学の進歩発展及び公衆衛生の普及、予防医学の研究指導に努力し、地域社会の福祉増進を図り、高齢者の健康や子供の食育に関わっていきたいと考えております。歯科医師会の事業内容並びに事業活動について広くご理解いただければ幸いです。

  

一般社団法人鎌倉市歯科医師会会長  島田 博

         
  会長の写真