お子様は1歳6か月にもなると、離乳期から通常の食生活への移行期となり、発達過程にあわせた適切な保健指導や助言が求められる時期に入ってきます。

 鎌倉市歯科医師会では鎌倉市との協力により1歳6か月児、2歳児、3歳児に歯科健診を行い歯科分野における、発達・発育の確認、食生活習慣と咀嚼能力の確認、育児支援、う蝕の多発が予測される各年齢児の背景の確認を行い、乳幼児の皆様の健康支援を行っています。

受診方法

1歳6か月児、2歳児、3歳児とも、鎌倉市の広報等で健診日を確認の上、母子健康手帳・すくすく手帳・お子様が使っている歯ブラシをお持ちください。尚、3歳児の健診は鎌倉市より通知があります。