入れ歯と楽しいお付き合い

   
   

・食後は外してブラッシングを
 今日は新しい入れ歯が出来上がる日。これから長い間お付き合いをしていかなければなりませんが、末長く楽しいお付き合いにしたいものです。今回は入れ歯の取り扱い方についてお話しいたしましょう。
 食後は、義歯をはずして流水下で歯ブラシを用いてよく洗いましょう。磨きやすいよう工夫された入れ歯用の歯ブラシも市販されています。歯磨き粉を付ける必要はありません。歯磨き粉には、研磨材が含まれているものがあり、入れ歯の表面に細かい傷をつけてしまう恐れがあります。洗う際、ばねの周りは特に汚れやすいので、念入りに磨きましょう。ばねがかかっている歯の周りのブラッシングも忘れずに。

・夜間に外すなら水中に保管
 夜間入れ歯を入れたままおやすみになる場合は、寝る直前に洗うようにしましょう。食べかすなどがついたままになっていると、むし歯や歯ぐきの炎症などを引き起こしやすい環境を自ら作り出してしまうことになります。 
 また夜間はずしておかれる場合は、必ず水中に保管してください。入れ歯の材料は乾燥状態が苦手なので、日中しばらくはずしておかれる時も同様です。その際、熱いお湯に入れることは避けてください。変形の原因となります。
 市販の入れ歯の洗浄剤は、お茶の渋、タバコのヤニなど、磨いてもとれにくい汚れをおとしたり、表面に付着している口の中の細菌などには効果があります。入れ歯の使用環境によって、洗浄剤を併用する頻度は異なります。上手に使いましょう。
・入れる際と外す際の注意
 入れ歯を入れる際は、必ず自分の手で所定の位置まで押し入れてください。途中まで入れて、後は噛んで入れている方をお見受けしますが、ばねの変形や、入れ歯の破損の原因となったり、時にはお口の中を傷つけてしまうこともありますのでやめてください。
 入れ歯を外す際は、ばねの下のところ(ばねと歯ぐきの間)に爪をかけて、なるべく複数のばねが同時に外れるように力をかけてください。一つのばねだけ先に外れてしまい、入れ歯全体がうまくとれないような場合には、あわてずにもう一度入れ直してから、再度はずしてください。
・具合が悪いときは必ず先生にご相談を
 あたって痛いところやばねの締め具合の調整などは、ご自分ではできません。見当で調整されたりするとかえって症状が悪化することがよくあります。必ず受診され、具合の悪いところを申し出るようにしてください。
 入れ歯を入れた当初は、いろいろな不快症状が出ることがあります。入れ歯をうまく使いこなせるようになるためには、早く入れ歯とお友達になることです。最初から友達付き合いをあきらめてしまっては、決していい入れ歯とめぐり合うことはできません。何かご相談があればかかりつけの先生にお気軽にお尋ねください。


                    (鎌倉市歯科医師会 宮本績輔 宮本歯科医院)