歯を抜いたあと

   
   

 歯周病やう蝕あるいは外傷など、様々な原因でやむを得ず歯を抜かなくてはならないことがあります。こうして、歯がなくなった状態を「欠損」といいますが、この欠損部を人工の歯で補うことを歯科治療では「補綴(ほてつ)歯科」と呼んでいます。
 今回は「歯を一本抜いたあと=一本欠損」を例にとって、どのような補綴処置が考えられるかお話ししてまいりましょう。
*ブリッジ
 両脇の歯がしっかりしている場合、その歯を土台にして、人工の歯を橋のように架ける方法です。この際の土台となる歯を支台歯(しだいし)と呼びます。 
 ブリッジは、支台歯にセメントを介して接着することによって固定されますので、取り外しの必要がなく、かむ力がしっかり回復されます。また、審美的(見た目)にも良好です。
 ただし支台歯は、冠をかぶせる形をとるのが一般的で、それにはかなりの量の歯質を削らなければなりません。また、ブリッジにかかる力はすべて支台歯が負担することになるので、その負担はかなり大きなものとなります。
*部分入れ歯
 人工の歯と義歯床(ピンクの部分)とばねによって構成される取り外し可能な装置です。欠損部に近接した残存歯に、ばねをかけることによって外れないように設計されています。このばねをかける歯を鉤歯(こうし)と呼びます。
 ブリッジの支台歯と比べ、鉤歯はばねをかけるのに必要な形態を得るための最小限の切削で済みます。また、取り外しが可能なため、入れ歯用の歯ブラシなどを使っての清掃が容易です。さらに、事故などで歯だけではなく周囲の骨までも失われた場合などの大きな欠損に対しても対処することが可能です。
 しかし部分入れ歯では、その動きを完全に止めることは難しく、それゆえにかむ力を十分に回復することはできません。装置自体に対する審美的不満やお口の中の違和感、食事の際に入れ歯周囲の隙間に食べ物がはさまってしまう不快感などの問題点もあります。
*インプラント
 欠損部の骨に人工の歯根となる材料(主にチタンなどの金属)を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。
欠損部のみの補綴処置ですから、他の残存歯を削ったりする必要はなく、また固定性の装置なのでかむ力も十分に回復でき、審美的にも良好です。
 外科的な小手術が必要なこと、埋め込み手術からその上の人工の歯が入るまでの治療期間が半年から一年ほどかかること、欠損部の骨の状態などによっては人工歯根を埋め込むことが難しいケースがあることなどが問題点として挙げられます。

 いずれの治療法を選択したとしても、しっかり噛んでおいしく食べることのできるお口の環境を確保し、その状態を維持させるためには、初診時の欠損部に対する的確な診査診断と、治療終了後のかかりつけ医による定期的なメインテナンスが非常に大切になってまいります。

参考文献 社団法人日本補綴歯科学会ホームページ


                    (鎌倉市歯科医師会 宮本績輔 宮本歯科医院)