キミの歯を見せたまえ、キミの人生を当てよう

   
   

 表題のごとくに失礼なことを言われぬためには、今流行のアンチエイジングに励むしかないのであるが・・・。 歯には他の臓器とまったく異なる特異的な問題が存在するので、皆様すでに御存じのことを、他の切リロから述べるのもあながち無駄ではないと思う。

 まだまだ分野によっては不十分な再生医学の現実を前にすると、やや古典的かもしれぬが、「全身の臓器の中で、歯だけが自然治癒能力を有していない」ことは、いぜんとして真である。 そして、このことは誰でもがなんとなく理解している。 つまり、ある人の人生の今日までの「来し方」が如実に口の中に現われている、というわけだ。その中には御先祖様からの遺伝的体質傾同、家系としての子供の時からの食餌内容、また時代相としての食の文化誌的側面。経済的環窺、そしてその人個人の気質、運命、それらを取リ巻く地域社会と口腔保健に対する価値観の変遷。 そんな、こんな内因外因のハテに結果としての、現在のアナタの歯の状況があるのだ。

  学生時代、法医学の試験間題に、遺体の歯牙状況が示され、さて性別、年齢を推定せよ、というのがあつた。歯列弓及ぴ歯牙の寸法、咬耗状態、残存歯牙の部位や処置内容、治療中断の様子などが示されていた。 これを、なぜそうであるかを説明しつつ推定するのだ。これなども、あるひとりの、すでに終わってしまった人生が口の中に覗ける気がして面白い。

  面白いといえば、昔の馬喰(ばくろう)(馬の売買がメシのタネだから馬喰だ。 何と日本語とは語感がデイープか。)は売買相手に編されぬよう、嫌がる馬の口をムリヤリこじ開け歯の咬耗を見て、物言わぬ馬の本当の年齢を推定した。

  それで人問の話に戻ろう。1980年代後半から日本歯科医師会は8020運動を展開した。 これは色々なメディアで皆様御存知のように、「80歳においても20本の歯を残そう、そうすれば生活の質(QOL)は上がる」というキャンペーンを歯科医師会は国民の幸福のために張ったわけである。 その当時における8020に相当する日本人は・・・なんと50代であり、その人をそのままなんとか頑張らせて80歳にもってゆくのにも30年かかると。つまリ、その当時、今世紀(20世紀)中には無理であると。早くて、理論上2020年頃。 まあ実際は21世紀もだいぶ経ってからだろう。 というのが昨世紀末の頃の仲間内の話であった。しかしその後、かなリ状況は良くなリ、最近の05年のデータによると80%近くの人の達成率があるらしい。

  歯を失ったら、それがそのまま寿命の終焉につながるのが動物の世界。 幸運なことに人類は「医学」を手にいれた。肉体は、ある意味で人生は、リセットすることも可能になったのだ。 今すぐ歯科診療所の門を叩くこともアンチエイジングの積極的ないきかたかもしれない。
                                             (鎌倉市歯科医師会  澤野宗重 澤野歯科)