口内炎の話

   
   

 

 一般に口内炎と言えば、粘膜の表面が剥がれたり、小さな潰瘍を生じたりする疾患ですが、症状は同じように見えても、その原因は多種多様で、正確な診断に迷うこともあります。
  最も普通に見られる口内炎は、アフタと呼ばれる小円型の潰瘍でしょう。粘膜表面の一部が壊死して剥がれ、潰瘍になります。潰瘍の周囲は赤く(紅暈)、潰瘍面は白っぽい滲出物で覆われ、自発痛、接触痛、刺激物がしみる、などの症状があります。えぐれた部分に粘膜が再生すれぱ症状は消えますので、放っておいても一〜二週間で治ることがほとんどです。ただ、痛みが強い場合は、患部を清潔に保ち、副腎皮質ホルモンを含む軟膏を塗布します。潰瘍面への刺激を遮断し、多少ですが治癒を促進する効果があります。
  歯肉も、舌も、唇や頬の内側も、口の中はすべて粘膜で覆われていますので、アフタはどこにでも出来ますが、特に舌と唇に多いようです。
  同時に複数のアフタが出来、それが治ってはまた別の場所に出来るような時は、これを再発性アフタと呼びます。全身疾患、たとえばべーチェット病の一徴候として生じることもあり、皮膚や眼など、他症状の確認が必要なこともあります。
  単純疱疹(ヘルペス)や手足口病などの水泡(水ぶくれ)を生じる疾患も、それが破れれば潰瘍を形成し、アフタなどと同じような治癒経過をたどります。
水疱性疾患としては他に、三叉神経や肋間神経の走行に沿って現れる帯状疱疹や、稀ながら難治性の天疱瘡などがあります。
  潰瘍がいくつか癒合して次第に大きくなると、症状も強くなり、食事が困難になってきます。多形滲出性紅斑と呼ばれる疾患では、口の中全体がただれ、出血し、高熱、頭痛、倦怠感などを併発した場合、全身状態の回復をはかるため、入院し点滴などで治療を行うこともあります。
  治りにくい口内炎としては、偏平(紅色)舌癬があります。聞き慣れない名前ですが、必ずしも稀な疾患ではありません。左右の頬粘膜に見られることが多く、びらん(潰瘍より浅い粘膜の実質欠損)を生じた赤い部分に、白い網目状(レース様)模様を呈しているのが典型的な症状です。白い部分は粘膜表面の角化層が肥厚したもので、赤い部分は醤油などの調味料やカレーなどの刺激物がしみたりします。症状の強さには波があり、無症状の時期もあります。悪性ではないものの、完治が難しく、長期間にわたる厄介な疾患です。金属アレルギーとの関連がある場合もありますが、多くの場合、原因は不明と言われています。
  難治性の潰瘍と言えば、悪性腫瘍、すなわちがんの可能性も疑われます。がんにも腫瘤型、肉芽型、乳頭型など様々なタイプがあり、潰瘍だけが初発症状ではありません。
しかし、同じ場所に三〜四週間以上、潰瘍が存在し続ける時は、単なる口内炎以外のものの可能性を考える必要もあります。鑑別のためには、やはり組織の一部を採取して、顕微鏡下での痛理学的な確定診断が不可欠です。(誤解なきよう申し添えれば、悪性の疑いの時だけ病理検査をするのではありません。悪性・良性にかかわらず、病名を確定する時は、普通に行われる検査です。)
  がんと紛らわしいのは、義歯などによる口内炎です。 これは褥瘡性潰瘍と呼ばれ、義歯の調整などによって治癒することがほとんどです。 長期間を経たものでは、潰瘍は深く、周囲は硬く、判断が難しいこともあります。
  この他、強い酸などの刺激物や、高温の飲食物などによる熱傷など、一時的に粘膜がただれ、潰瘍などを生じることはご存知の通りです。
  一方、特に潰瘍があるわけでもないのに、口の中の痛みを感じることがあります。明確な器質的変化や客観的症状が確認できないことも多く、心理的な要素が疑われる症例もあります。舌に原因の不明な痛みを訴える疾患を、特に舌痛症と呼びますが、この何割かは心身症との関連が言われています。
  また、様々な症状をとらえて、自分はがんではないか、と心配し続ける方も、最近増えているように思われます。情報過多が背景にあるとも言われていますが、こ自身の健康に関心を持つことはおおいに結構、ただし過剰な心配はかえって有害、そんな時はどうぞ、かかりつけの歯科医院で相談してみて下さい。

                                        (鎌倉市歯科医師会 小林 晋一郎 こばやし歯科医院)