嚢胞の話

   
   


  嚢胞という病気があるのをご存知ですか。簡単に言えば、「袋」のようなものができる病気です。聞き慣れない名前かも知れませんが、口の中ではそれほど珍しくありません。今回は歯が原因で生じる代表的な嚢胞について、お話しましよう。

1.歯根嚢胞
 むし歯や打撲などで、歯の神経(正確には「歯髄」と言います)が死んでしまい、細菌感染すると、根(歯根)の先端に小さな風船のようなものができます。俗にいう「膿(ウミ)の袋」です。
膿の正体は、死んだ歯髄の細胞、戦って討ち死にした細菌と白血球などが、変性して融解したものです。中の圧カが高まれば、風船は大きくなり、周囲の骨を吸収して膿の出口を作ります。この時、歯の奥の歯ぐきが腫れ、そこが破れて膿が出てしまえば、当面の症状は終息に向かいます。
 しかし、膿の袋がそのままそこに残る場合(歯根肉芽腫)、さらにそこが空洞化して液体が貯留する場合(歯根嚢胞)があります。どちらもX線写真では、根の先の黒い影として写り、強い自覚症状はありませんが、少しずつ大きくなる場合や、時々感染して腫れたりすることもあります。
 治療法としては、歯の根の治療(根管治療)で、歯髄のあった空洞(歯髄腔)をきれいに掃除するのが一般的です。ただ、難治性の場合もあり、嚢胞を摘出すると同時に歯の根の先端をカットする小手術(歯根端切除術)や、やむなく抜歯に至ることもあります。

2.ろ胞性歯嚢胞
 歯は、歯ぐきの一部が内側に陥没し、そこにカルシウムやリンなどの石灰化物が沈着してできてきます。その過程で、歯を作るはずの歯ぐき(エナメル上皮)が、一部あるいは全部、歯を作らずに袋を作ってしまうことがあります。これを、ろ胞性歯嚢胞と呼び、下顎の大臼歯のあたりや、上顎の犬歯のあたりによく見られます。
若い人に比較的多く、顎の骨の中でゆっくり大きくなるので、嚢胞周囲の骨が薄くなり、押すとペコペコ音がしたり、腫れたりして、気づくことがあります。
 自覚症状が全くないのに、むし歯や歯周病のチェックのために撮影した顎全体のX線写真で、はじめて嚢胞の存在が発見されることも多いようです。
 治療法としては、嚢胞を摘出するのが一般的ですが、嚢胞が大きい場合、歯ぐきの一部に穴を開け、内圧を下げて周囲の骨の成長を促す開窓療法を試みることもあります。
ここに述べた以外にも、まだ多くの嚢胞があります。歯ぐきが何となく腫れていたら、かかりつけの歯科医院で相談されてみるとよいでしょう。 
                             

                                          鎌倉市歯科医師会 小林晋一郎 (こばやし歯科)