乳歯の後からこんにちは

 
   

 「大変です!うちの子、歯の後ろから歯が生えてきて-…」電話の向こうでは、心配そうなお母様の声。この何年か、小学校低学年前後のお子さんを持つ家庭から、特に多いこ相談のひとつです。
  もちろん「歯の後ろから歯が」というのは、「乳歯が抜けないうちに、その後ろから永久歯が顔を出した」ということです。
  一般的に、乳歯は生後2歳半くらいで上下十本ずつが生え揃います。そして6歳頃、乳歯の一番奥の歯ぐきから最初の永久歯(6歳臼歯と呼ばれます)が生えてくる時期に前後して、下顎の前歯(乳歯)が揺れ始め、抜け落ち、しぱらくして永久歯が顔を出します。続いて上顎の前歯に同様の現象が起こり、こうして順次、乳歯は永久歯と交代していくのです。
  乳歯は、その下に埋まっている永久歯の発育と萌出に伴い、根(乳歯根)が吸収し、短くなります。その結果、ぐらぐらと揺れ始め、やがては自然脱落するのが普通です。しかし、中には乳歯根の吸収が十分でないうちに、永久歯が萌出することがあり、前述のお母様のような心配のお電話になるわけです。
  結論から申し上げれぱ、このような状態は、一刻を争うようなものではありません。実際にお子さんにこ来院いただき、その部分のレントゲン写真を撮影して確認すると、乳歯の根はほとんど吸収し、自然脱落するのは時問の問題、といったことが多いのです。
  お母様こすれぱ、乳歯を抜いておかなかったためにこんなことに、これでは歯並びがメチャクチャ、ああ、この子の将来は……と心配されるのも無理はありません。しかし、この状態で乳歯をすぐに抜いたとしても、永久歯の位置異常は急には改善されません。乳歯の内側に生えてきたのは、乳歯の存在よりも、むしろ永久歯が生えるだけの空間がなかったからなのです。
  生えてくる永久歯は立派な大人の歯ですが、顎の骨そのものはまだまだ子供、言わぱ両者の大きさがアンバランスなのです。子供用の4人掛けの座席に、大人は4人座れない、とでも申しましょうか。
  歯並びにしても、一般論から言えぱ、正常な位置よりも内側に生えてきた歯は舌の圧力で外側に、外側に生えてきた歯は唇の圧力で内側に、それぞれがそれなりに自然な位置に修正されることになっています。
  ただ、全体的な傾向として、現代人の顎は小さくなってきていますので、極端な位置異常などについては、適切な時期に補助的な装置を使用したり、あるいは本格的な矯正が必要になる場合も、ままあります。
  また、乳歯の根が吸収せず明らかに永久歯の萌出を妨げている場合や、ぐらぐらで抜けそうなのになかなか自然脱落せず、痛みや腫れを生じる場合などは、歯科医院で抜いた方が良いでしょう。
  顎の骨は、まず下顎が成長し、それに伴って上顎が、という順番に発達します。下顎の骨は、一本の長い棒をU字型に曲げたような形をしており、長管骨と呼ぱれます。これは、手足の骨と同じ構造です。簡単に言えぱ手足の骨が成長する時は、下顎の骨も、それに伴って上顎の骨も成長する時なのです。
  よく噛んで食べ、よく遊び、よく眠ることが、歯に限らず、心身の健康な発育に重要であることは、言うまでもありません。まずは健全な成長を。そして時々はお子様の口の中を見てあげて下さい。こ心配があれぱ、どうぞかかりつけの歯科医院へ。
                                                         小林 晋一郎(こばやし歯科)