使えるぞ!音波ブラシ

   
   

 「先生、ふつうの歯ブラシと電動歯ブラシと、どちらがいいのですか?」と患者さんによく聞かれます。数年前だったら間違いなく、手で磨いたらどうですか、と答えていたでしょう。しかしここ数年、電動歯ブラシがさらに改良され、音波ブラシという製品が市場に出回っています。
  この話をする前に、まず歯周病の話を致しましょう。歯周病は多くの要因が絡み合って発症しますが、歯ブラシに代表されるブラッシングで予防することが可能です。歯周病はバイオフィルム感染症と言われています。歯の表面に付着した歯周病原因菌やその他の物質の塊・巣なのです。それを器械的に除去することが大切です。
  目で見えるところに付着する歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石)が歯周病を悪化させるのです。
  またタバコも歯周病を悪化させる最大のリスクファクター(危険因子)と言われています。タバコを吸う人は、歯周病を引き起しやすく、悪化するスピードが速いため、治療してもなかなか改善されません。
  日本では、むし歯も歯周病も歯の表面に付着した細菌が引き起こす感染症、という認識が薄いようです。歯を磨いて汚れを落とし、細菌を除去することが一番の予防法です。ですから、基本的にはふつうの歯ブラシで磨いても良いわけです。
  ただ、歯磨きには、かなりのテクニックと時間を必要とします。テクニックが必要ということは、お子さんやお年を召した方等、細かい手の動きができない方は、歯に付着した細菌を除去することが困難なためへロの中が不潔になりやすく、むし歯や歯周病が進行すると想像されます。
  音波ブラシは、高速振動するため、短時間で効率良く菌の表面の細菌を除去します。歯と歯ぐきの間の隙間や、ブラシの毛先が届きにくい部分に付着したバイオフィルムを効果的に除去するのです。タバコのヤニやコーヒー等、歯に付着した色素を除去したりするので、美白効果もあります。
  矯正治療のために歯の表面にブラケットという装置を付けますが、この装置とワイヤーが邪魔になって歯磨きがしっらい場合、使い方によって音波ブラシは有効と言えます。またインプラント(人工歯根)を骨の中に埋め込んだ場合も、これを良い状態で維持するためには歯周病予防が肝心ですから、インプラントの上の磨きにくい部分などにも、音波ブラシの効果は期待できます。
  音波ブラシのヘッド部分が各メーカーとも小さくなってきたため、これまで届き芯くかった部分にも到達できる与っになりました。またコンパクト化も進み、旅行先でも気軽に持ち運びできるようになりました。ヘッドの部分は消耗品ですが、かなり安価なものも流通していますので、ご家庭でも色分けして、各自使用することが可能です。
  まずはふつうの歯ブラシでうまく磨けることが大切ですが、手の不自由な方やぅまく磨けない方は試してみるのも良いでしょう。ただし、磨き残しがあればこの器械も無用の長物になってしまいますので、かりつけの歯科医院を受診され、適切な指導の下で購入されてはいかがでしょうか。もちろん禁煙や、ふつうの歯ブラシでしっかり磨くことも忘れないで下さい。
                     (島村泰行 手広デンタルクリニック)