歯科の歴史・古今東西

   
   

 歯痛は、太古の時代より人を苦しめつづけてきたのであろう。様々な歴史的遺産物がそれを物語っている。

 世界各地の遺跡から発見される古い人骨には、人為的な抜歯の痕跡が見出されている。
 今から四千年も前の古代エジプトでは、パピルスの記録などにより、もう既に歯科専門の医師が存在しており、発掘された人骨には治療の後が見受けられる。抜歯だけではなく歯槽骨に穴をあけ歯根の周りに溜まった膿を出すような手術も行われていた。

  古代メソポタミアでも、様々な口腔外科的治療が行われ、四千年弱の昔に制定されたハンムラビ王の法典には、医療とともに歯科に対する報酬と、失敗した場合の刑罰について、明確に規定されている。

 第二百条 同じ階級の者の歯を抜いてしまった者は、自分の歯を抜かれる。
 第二百一条 低い階級の者の歯を抜いてしまった者は、銀貨三分の一ミナの罰金に科せられる。
 これは、古代の人がいかに歯を大事に思っていたかが伺える。「目には目、歯には歯」の有名な一説もまた然りである。
 しかし当時は、まず歯の痛みから解放される事を考えたに違いない。痛い歯は祈りや呪(まじな)いでは治らない。抜歯するしかないと言うことは、長老たちの経験から伝えられていたのであろう。特別な力を持つ魔法使いや呪い師が最初の医師となり、外科的治療の幕開けとなった。

  ところが、歯を抜いて痛みは治まったものの、威厳を保つべき族長や遺族たち、またその寵愛を受ける貫婦人たちは困った状況に陥った。特に前歯を失った容貌では恰好が付かないのである。ユダヤ教の聖職者たちは、大司教は一本でも歯を失えぱ不適格と考えた。健全な歯は、美と力の象徴とされていたのである。失われた歯の回復は、すでに一九一四年にギザのピラミッド付近の墓場から金の針金で結紮(けっさつ)された二本の大臼歯が発掘されている。類似のものは古代文明が栄えた地中海周辺の遺跡からも発見されている。二千数百年前の北イタりアで栄えた古代エトルリア人は優れた技能の持主だったようで、一〜二本の歯が失われたとき、両隣の歯に純金の帯状の板金をはんだ付けし、牛の歯を削った人工歯を装着したいわゆるブリッジも発見されている。

  文明が進み、宮廷や貴族のサロンなどでの社交生活が華やかになってくると、容貌の維持はますます重大な問題となった。しかし当時の西欧社会では、義歯は裕福な人の醜形を繕(つくろ)うための物であり、咀嚼の機能を期待できる代物ではなかった。一種の贅沢な装飾品であったのである。そのため宴席でせっかくのご馳走にも手を出さず、気取った態度を示す女性も少なくなかったという。人前で大口を開かず、笑う時は口元を手や扇子で覆(おお)うエチケットができたのは、ヴィクトリア朝時代における上流階級の人々の義歯に関係があるとの説もある。

  ところで、日本の場合はいかがなものか?
 驚くべきことに、総入れ歯の歴史はヨーロッパより二〇〇年も早いのだ。わが国では一六世紀半ばには「噛める総入れ歯」が実用化していた。ツゲの木などを彫刻し上下のあごに吸着するように仕上た「木床義歯」である。
  現存している最古の総入れ歯は、和歌山市の願成寺の草創者である中岡テイ、通称“仏姫”と呼ぱれる女性の物で、一五三八(天文七)年に七六歳で死去したことから、すでにこの時代には入れ歯が普及していた事が伺われる。ちなみにこの義歯はX線解析と赤外線分析でお歯黒が施されていたことが判明している。
  この職人芸的な「木入れ歯」は、明治時代開国の頃まで用いられるのだが、最初は仏師の片手間仕箏から始まった彫師も、江戸時代には「入れ歯師」と呼ぱれる専門職業として定着した。材料はツゲが一番とされていたが、なかでも伊豆七島のホンツゲが最高級品とされていた。

  江戸中期の高名な国学者本居宣長は、その手紙の中で「先頃は入歯御世話に在候。参候而模(かた)を取帰候。又廿日ごろ、今一度参り、あら作りを当テ見甲候而其上歯を植申候由申候。(後略)」と記している。
 入れ歯師が患者の自宅まで来たのであろう。あごの型を取って持ち帰り、だいたいのところを作り上げたところで、もう一度仮合せをし仕上げていく過程は、現在我々が行なっている義歯の製作とさほど変わらない気がする。


                                                (鎌倉市歯科医師会 田中 直人 ミキプラザ歯科)