専門的な歯医者さん

   
   

  一般歯科のほかにも、いろいろな科目が

 普通の歯医者さんのほかに専門の歯医者さんがあることを皆さんご存知でしょうか。かかりつけの歯科医院の看板に、「一般歯科」のほかに「小児歯科」「歯科口腔外科」「矯正歯科」といった診療科目名が書かれているのを目にされる方も多いと思います。
  「小児歯科」とは、正常なあごの発育を促し、丈夫な永久歯をつくることを目的とし、歯医者さんを嫌いな子供への対応も考えています。
  「歯科口腔外科」とは、難しい抜歯や、外傷によるケガ、歯肉・頬粘膜・舌といった、いわゆる軟組織におこるさまざまな病気などを専門的に診察します。
  「矯正歯科」とは、咬み合わせが反対となっている『反対咬合』などといった歯並びの悪い状態(歯列不正)をなおす専門医です。

 さらに幅広く、細分化される専門医

 さらに他の診療科目においても、数多くの専門医が治療に取り組んでいます。
  失われた骨などの再生治療などに積極的に取り組む「歯周病の専門医」。マイクロスコープという特殊な顕微鏡などを用いて長期間痛みの取れないような難治性の根の治療にいどむ「歯内療法の専門医」、見た目や咬み合わせをクラウン・入れ歯・インプラントなど人工の歯で補う治療法である「補綴(ほてつ)歯科の専門医」などなど例を挙げればきりがありません。
  また最近よくメディアなどで耳にする「顎関節症」の診断・治療では、歯科□腔外科・矯正歯科・補綴歯科などいくつかの専門分野にまたがる知識が必要とされます。

 治療の際は、専門医の存在も参考に

 さらに確定診断を下すことが困難な症例では、開業医から歯科大学の付属病院といった特殊外来のある大きな病院を紹介されることもあります。特殊外来には、「へえ、こんなことも歯科で診てもらうのか」といったユニークなネーミングの科も増えています。
 
  ある歯科大学病院を例にとってみますと、
●インプラント科
●障害者歯科(全身麻酔・鎮静法などによる診療)
●咬み合わせリエゾン診療(連携診療)科
●歯科アレルギー外来
●スポーツ歯科(マウスピースの製作など)外来
●口臭外来
●いびき睡眠呼吸外来
●禁煙外来
●骨粗しょう症外来
●痛み、しびれ外来
●アンチエイジング外来
といった外来があり、患者様からのさまざまな二ーズにお応えしています。
  誤解のないように付け加えさせていただきますが、かかりつけの歯医者さんは皆一通りのきちんとした診断知識と診療技術を持っています。ただその中でも特に研鑚を積んだ専門的分野で専門医などの資格をとり、それをメインとして治療を行っている医院も増えてきておりますので、治療を受けられる際の参考にされてはいかがでしょうか。

                                           (鎌倉市歯科医師会 宮本績輔 宮本歯科医院)
参考資料
日本歯科医師会ホームページ